• ご予約はこちらから
  • 貸し教室のご案内
MENU

Music Theory

音楽教室-音楽倫理/他-

聴音/新曲視唱

TONE / NEW SONG SINGING
聴音/新曲視唱

レッスンについて

音感を鍛えるレッスン

聴音と新曲視唱は「絶対音感」を身につけるのに必要不可欠なレッスンになります。

聴音とは・・・よく「耳コピ」という言葉を耳にすることが有ると思います。
その「耳コピ」が出来るようになる力をつけるレッスンが聴音です。
流れてくる音楽を聴きとり、楽譜にしていきます。
単旋律のメロディ聴音、高音部、低音部の2声聴音、ハーモニーを聞き取る和声調音など様々な形の音楽を楽譜に出来る力と絶対音感を身につけます。

新曲視唱とは・・・楽譜を見てすぐにそのメロディを歌唱で演奏します。
音や音符の理解はもちろんのこと、記譜されている音楽記号を読み取り、楽譜に書かれた音楽を再現します。
単旋律のメロディ視唱、和声の各声部の視唱などをし、読譜力と絶対音感を付けていきます。

レッスンの進め方

【聴音】
ハ長調の四分音符(休符)、八分音符(休符)などを使用した簡単な課題から、徐々に調号(♯・♭)を増やし、
十六分音符や三連符など複雑なリズムの課題にチャレンジしていきます。
まずは単旋律でレッスンをし、進度を見ながら2声、和声レッスンに入ります。



【新曲視唱】
ハ長調の四分音符(休符)、八分音符(休符)などを使用した簡単な課題から、徐々に調号(♯・♭)を増やし、
十六分音符や三連符など複雑なリズムの課題にチャレンジしていきます。

まずは単旋律でレッスンをし、進度を見ながら和声レッスンに入ります。
無伴奏の課題から始め、伴奏付きの課題ではアナリーゼを大切にした演奏が出来るようにレッスンをしていきます。



【受講対象】小学校5年生以上
(音楽高校・音楽大学・音楽系専門学校の受験対策は「音大受験コース」になります。)

講師のご紹介

聴音/新曲視唱

講師:金城未依(代表講師)

プロフィール:
ドラマティックソプラノ。
大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。
M.カルデロー二声楽プレミアムマスターコース修了。ディプロマ取得。第55回西日本国際コンクールファイナリスト。オペラコンサート、ジョイントコンサートなどの演奏活動を行う。
知能研究所認定指導者。全日本幼児教育連盟会員。
カワイピアノ演奏グレード5級、講師グレード5級取得。
LOCOMA JAPAN株式会社代表取締役。La LOCOMA SALON代表講師。

指導歴30年。延べ200名以上の生徒を指導。幼児から大学受験、大人のレッスンまで、幅広い層の生徒指導に対応します。